ボーン・アイデンティティー

桜もなくなりぬくぬくしてよい時期ですが、まだ日が上るとともに冷えを感じ、冬の朝が連想されるような気候です。
ボーン・アイデンティティーは構成がが刺激的で、劇的な光景がたくさんありました。
一生の中で私は何度もボーン・アイデンティティーを観ると思います。
それ程ボーン・アイデンティティーは見ごたえがありました。
マット・デイモンの代表作でもあるボーン・アイデンティティーは良い作品ですよね!これ以上にマット・デイモンが活躍すればいいなと思うようになりました。
ボーン・アイデンティティーは次の場面が読めてしまうのでマット・デイモンの個性がなんだか目立たない風にも見受けられました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中